びーぐるな日々

デジカメ散歩と好きな音楽で仙人生活の日々

◎  クリフォード・ブラウン 

渋谷のジャズ喫茶に通いはじめた時は天才トランペッター、クリフォード・ブラウンがわずか26歳で事故死した7年後だった。
ドラムのマックス・ローチと共にややオールドファッションの感もあるが、よく歌う楽しく分かりやすいジャズだった。
特にボーカルのヘレン・メリルと競演したディスクは極上で、有名なYou’d be so nice to come home toにおけるメリルのハスキーヴォイスとブラウンのソロは最高だ。

鎌倉の新緑

庭のハナズオウの若葉


back to TOP