びーぐるな日々

デジカメ散歩と好きな音楽で仙人生活の日々

◎  野生のしらべ 

エレーヌ・グリモーは13歳でパリ音楽院に入学、16歳で主席となりモントルーのディスク大賞を受賞するなど天才振りを発揮したが、フランスの音楽界は居心地が良くなかったようで21歳の時渡米した。

傷つきやすい繊細な彼女はアメリカで野生のオオカミとの出会いによって精神の安らぎを得たといい、ニューヨーク北部に自らオオカミ保護センターを設立し共に暮らしている。
   https://host148.ipowerweb.com/~nywolfor/index_secure.htm

ラフマニノフやロマン派、古典派を中心に素晴らしいディスクが多いが、演奏もさることながら不思議なユニークな個性が興味深い。著書に「野生のしらべ」がある。

真昼の決闘  放し飼いの孔雀が突然野生に目覚めたか果し合い、飼育員があわてて仲裁に

お目覚めねこ
関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

No title

mimiさん、おはようございます。
雌がいるときはこういうシーンもあるそうですが、このときは飼育員が「雌がいないのに何やってんだ?怪我するから止めさせよう」とあわてて仲裁していました。(^^♪

2006/06/05(月) |URL|biigle [edit]

No title

humsumさん、おはようございます。
自分で保護センター設立するとは、よほど強烈なインパクトがあったからなんでしょうが凄いですよね。

2006/06/05(月) |URL|biigle [edit]

No title

真昼の決闘は、迫力満点!!
やはり野生の血は流れているのですね。

2006/06/05(月) |URL|mimishimizu3 [edit]

No title

野生のしらべの意味が判りました..自ら保護センターを設立
って素晴らしいですね..
孔雀そのものも、最近見たことがなかったです..ましてや..
この決闘シーンは、迫力がありますね..色も鮮やかです..

2006/06/05(月) |URL|humsum [edit]

No title

yokochanさん、こんにちは。
私もジャケットにつられたくちです(^^♪

2006/06/04(日) |URL|biigle [edit]

No title

ゆきさん、こんにちは。
暇人でウロウロしているから時々変わった光景に出会えるのが楽しみです。
このねこも環境が良すぎるからかのんき過ぎますが随分成長しました。

2006/06/04(日) |URL|biigle [edit]

No title

こんにちは。グリモーはDGのビジュアル戦略とは裏腹に、かなり個性的な生き様と音楽性の持主ですね。このCDのグリモーちゃんの目に見つめられて購入済みですが、半年も聴いてません。早速聴かなくては。
孔雀の野性味とネコの呑気ぶりが、素晴らしい対比ですね。

2006/06/04(日) |URL|yokochan [edit]

No title

クジャク恋のさや当て?決定的瞬間をキャッチするなんてさすがビーグルさん!子猫ちゃんの眠そうな目がなんともかわいいですね

2006/06/04(日) |URL|ゆき [edit]

No title

j_capacityさん、おはようございます。
不思議な魅力を持った興味深いピアニストです。(^^♪
ところで、エキサイト最近めちゃくちゃ重いですね~(ーー;)

2006/06/04(日) |URL|biigle [edit]

No title

こんばんわ。
すごく興味を惹かれますね。
狼のリーダーですか。
「野生のしらべ」探してみます。

2006/06/04(日) |URL|j_capacity [edit]

No title

garjyuさん、こんばんは。
普通の人間にとっては想像を絶しますが、やはり天才は並みの感受性とはまるで桁違いなんだということなんでしょうね。
動物はその辺ものすごく敏感だといいますから、頭の良い犬の親分のオオカミはそれが分かるんでしょうか?
しかし、一見獰猛そうなオオカミたちが彼女に従順に従っている様子はすごいですね。(^^♪

2006/06/03(土) |URL|biigle [edit]

No title

五郎さん、こんばんは。
ショパンの2番は協奏曲ではなくピアノソナタで、有名な葬送行進曲があるやつです。
このねこは目覚めたばかりでまだ少々寝ぼけているところが可愛いかったです。
そう言えばそろそろミケタンの出番ですよね?(^^♪

2006/06/03(土) |URL|biigle [edit]

No title

mamaさん、こんばんは。
レンズの性能頼みで比較的手ぶれは少なかったけど、最近はそれも怪しくなってきました。(^_^;)
ここは二階建ての管理事務所の屋上で傾斜地なので道路からそのまま行けます。
雌がいると喧嘩するらしいけど、このときは雌がいないけどいらいらしていたみたいで飼育員の人もびっくりして、怪我するから止めようと慌てていましたよ。(^^♪

2006/06/03(土) |URL|biigle [edit]

No title

こんばんは。
「野生のしらべ」読みました。こんなに美しく、才能豊かな人の中に、物凄い“葛藤”があったということを知り、驚嘆致しました。まさに天才は天才にしか分からない不幸な部分、孤独な部分を持っているということでしょうか?
それが、群れで暮らす狼たちには、彼女をリーダーとみなしてしまうなにかなのでしょうか?

読み物としては、読みやすい本ではなかったですが、なかなか興味深かったです。

garjyu

2006/06/03(土) |URL|garjyu [edit]

No title

酒仙爺さん、こんばんは。
ピントは最近相当狂い気味ですが、いいチャンスに出会うタイミングは結構恵まれていますがいつまでもつやら。(^^♪

2006/06/03(土) |URL|biigle [edit]

No title

ラフさんの2番は分かりますが、ショパンの2番?そんなのあったの?ってかんじです、猫さんのまどろんだ瞳が可愛い、子猫は何をしても可愛いですね、おっととミケタンも可愛いですよ!

2006/06/03(土) |URL|五郎 [edit]

No title

ネコちゃん おはよう~
びーぐるさん こんばんわ~~
手振れという文字は 無縁ですね いい色クッキリですやん♪
放し飼いって・・・ビルの上で? 飼育員の方 見たかったなぁ~~~

2006/06/03(土) |URL|mama [edit]

No title

こんばんは。
孔雀も猫も、ピント&タイミングともに素晴らしいですね!
こういう写真はbiigleさんの真骨頂ですね。私には、とても無理ですよ。

2006/06/03(土) |URL|酒仙爺 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://biigle67.blog101.fc2.com/tb.php/115-e0464912

back to TOP