びーぐるな日々

デジカメ散歩と好きな音楽で仙人生活の日々

◎  ジェラルド・フィンジ 

叙情的で繊細でやさしくて、さりげない音楽といえばディーリアスということになるが、さらに一層美しく安らぎに満ちた音楽を書いたのがジェラルド・フィンジ(1901-1956)である。
30歳過ぎから55歳でなくなるまでイギリスの田園地帯の牧場で自然を愛しながら作曲を続けたという事が実感できる音楽だ。
ピアノと管弦楽のための小品「エクローグ」を聴いた時には20世紀の作曲家にこんなに美しい曲があったのかと驚いた。

いらっしゃいませ

関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

No title

yokochanさん、はじめまして、いらっしゃいませ (*^_^*)
クラリネット協奏曲は抜群にいいですね。チェロ協奏曲もちょっとアンバランスな感じはありますが第2楽章は本領発揮です。英国音楽はするめみたいですね。

2006/04/28(金) |URL|biigle [edit]

No title

はじめまして。英国音楽を愛好する者にとってフィンジははずせませんね。そして、ヒコックスやリトルといったお国ものに絶大な力を発揮する演奏家もそうです。クラリネット協奏曲がたまらなく好きです。ネコに英国音楽、いいですねぇ。

2006/04/28(金) |URL|yokochan [edit]

No title

mimiさん、こんにちは。
客の品定めをしているのかもしれませんね。お寺の猫ですから礼儀正しいのです。(*^_^*)

2006/04/27(木) |URL|biigle [edit]

No title

garjyuさん、こんにちは。
「生誕の日」ですね、いい曲だと思います。ディーリアスと違って声楽曲が分かりやすいところがいいですね。
もちろんクラリネット、ヴァイオリン、チェロ協奏曲も素敵です。

2006/04/27(木) |URL|biigle [edit]

No title

いらっしゃいませ、の招き猫にしては目つきが鋭いですねえ(笑)
でも、ホント、両手をそろえている・・・(^.^)

2006/04/27(木) |URL|mimishimizu3 [edit]

No title

フィンジ、クリスマスのカンタータでしたっけ?後、クラリネットの協奏曲を好きで聴いていた筈なのですが、今、家の中を探しても出てきません。
また、聴いてみたくなりました。ヴァイオリン協奏曲も良さそうですね。

garjyu

2006/04/27(木) |URL|garjyu [edit]

No title

mamaさん、こんばんは。いらっしゃいませ。(*^_^*)
この子はある高貴な家柄の御曹司で何一つ不自由しない優雅な生活をしておられます。おかげでずいぶん太ってしまったようですが。(*^_^*)

2006/04/26(水) |URL|biigle [edit]

No title

酒仙爺さん、こんばんは。
お気にいられたようでなによりです。(*^_^*)あくまで好みの問題なので、今までもある曲を薦めて「なんじゃ、こりゃ!」みたいな反応されたことも珍しくありませんでしたので。

2006/04/26(水) |URL|biigle [edit]

No title

にゃん子ちゃんに招かれて・・・こんばんわ お邪魔します
この子も 訳あって扶養しているのでしょうか?


2006/04/26(水) |URL|mama [edit]

No title

こんばんは。
ブラームス聴きました。とても心に沁みました。
基本的なところからクラシックを聴いていこうと思いました。

2006/04/26(水) |URL|酒仙爺 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://biigle67.blog101.fc2.com/tb.php/96-32b420ea

back to TOP